フレナーラの値段

手汗対策アイテムのフレナーラ!知っておくべき副作用とは?

フレナーラは多くの雑誌でも紹介されている手汗用の制汗剤で、手汗に悩む多くの方が使用しています。ジェルタイプでとても使いやすく、個人差はありますがその効果を実感されている方も数多くいます。

 

ただ、フレナーラには肌に刺激を与えかねない成分が含まれているため、人によっては副作用を起こす場合があります。

 

フレナーラの成分で副作用について、紹介いたしますのでご参考にどうぞ。

 

フレナーラの成分は?

 

フレナーラに含まれる手汗を止める成分には様々なものが使用されています。
有効成分には、クロルヒドロキシアルミニウム・イソプロピルメチルフェノール、その他の成分も安全性のある成分や低刺激性の成分がほとんどです。

 

公式サイトによると、なんと500種類の中から厳選して選んだ7種類の天然植物エキスを、フレナーラ独自の製法で配合しているとのことでした。

 

しかし、唯一残念なことに、フレナーラには「パラベン」と呼ばれる成分が含まれています。このパラベンは防腐剤として利用される一方、肌に刺激を与える可能性があり、一部のオーガニック団体からは安全性までも疑問視する声が上げられています。

 

このようにパラベンについては、様々な意見が交わされていて、これという答えは出されていないのが現状です。なので、どうしてもパラベンが気になる方や、過去にパラベン含有製品によるなんらかの副作用を経験された方は、フレナーラの購入はやめられたほうが良いでしょう。

 

 

フレナーラの魅力は?

 

少し過激な言いようになってしまいましたが、このパラベンという成分、そもそもシャンプーや化粧品など、多くの製品にも防腐剤として使用されていますし、国が定める検査をクリアして医薬部外品にも指定されているフレナーラですので、必要以上に怖がることはないと思います。

 

 

もし万が一お肌に合わなかったという場合でも、180日間の返金保証があるので、手汗で悩み続けるよりも、まずは試してみるのはいかがでしょうか。